4/5ページ

4/5ページ
  • 2019.09.24

台風と誤作動がおこる原因

台風が来ると消防設備が誤作動を起こすことがある。ベルが鳴った、サイレンが止まらない、感知器が作動してしまったなどなど。大抵は自動火災報知設備、放送設備、防火設備といった電気系設備に多いのです。 ほとんどが雨の侵入によるショートが原因 消防設備はしばしば悪天候により誤作動が起こすことがありますが、ほとんどは雨が機器に入り込み機器内部の回路がショートすることが原因です。ベル鳴った、放送設備が作動した、 […]

  • 2019.07.19

排煙口を移設してみた

機械式排煙を移設してみた 排煙設備は消防法と建築基準法では考え方が違います。消防法では消防隊が安全に消火活動をできるようにすることを目的とし、建築基準法では在館者が安全に避難することを目的としています。 排煙設備は機械によって強制的に吐き出すものと、窓を展開することにより自然に排出する自然排煙があります。機械式排煙は火災受信機に接続されているものと、ダイレクトに排煙制御盤とつながっているものがあり […]

  • 2019.07.19

郵送で提出!!消防設備点検

今まで自ら持ち込んでいた消防点検報告書を郵送にて提出できるようになりました メリットとデメリット メリット:時間効率が大幅にUP デメリット:窓口対応でないので簡単な訂正、修正が困難 不良がたくさんある場合は直接消防署に持ち込み、相談することを勧めていますが、不良箇所がそこまでない場合はメリットばかりであるよに思えます。 提出に必要な書類  様式関係 必要な書類の様式については、東京消防庁のホーム […]

  • 2019.07.18

エレベータ用の防火設備【竪穴区画】

建築物には防火区画と言って火災が起こっても簡単に燃え移らないように様々な方法が取られています。防火区画は防火のための区画です。 エレベーターで火災が起こってしまったら上階まであっという間に火が広がってしまします。そのために火が簡単に入らないような仕組みを撮っているのです。 画像の防火設備はレアで最近は見られなくなってきました。近年ではエレーベーターの扉自体が特定防火設備の役割をしているためごっつい […]

  • 2019.05.31

既存の建物に自動火災報知設備を設置してみた

今回のミッションは鉄骨3階建ての既存建物に自動火災報知設備を新規に取り付けるという作業になります。 自動火災報知設備新設工事 点検口を作る 配線をする前に目立たない所に点検口を設置します。点検口は押入れ、クローゼットなど普段目に触れることがないところに設置します。 さあ、できました。配線を入れていきます。 天井内に配線を入れる 自動火災報知設備は無線式の製品も出てきましたが、機器の価格がまだまだ高 […]

  • 2019.05.30

新しい夏服が届きました 【ポロシャツ】

私達タイムラン防災は定期的に夏服をリニューアルしています。今年のモデルができたがってきたので書いてみます。 2019年春夏モデルポロシャツ 今年のモデルはサッカーでおなじみのアンブロにしました。アンブロにした理由は無地のポロシャツを出しているメーカがなかったというとても消極的な理由です汗、、とはいえとても満足の行く仕上がりになりました。 ポロシャツを作ってよかったこと まずこれを着る従業員様々が喜 […]

  • 2019.05.16

防災合宿に向け準備

弊社は毎年防災キャンプを開催しています。災害時を想定したサバイバルをもっとライトにした訓練をおこなっています。今年は参加者が増えることから新兵器を投入します。 とりあえず広げてみた 今回購入させていただきました製品はおしゃれキャンプメーカーで知られているロゴス社製のスペースデカゴン-AGという大型テントです。 初期不良は7日までに伝えないと返品ができないらしくご迷惑にならない程度に近所の公園で細々 […]

  • 2019.04.17

地下ピットの火災感知器

消防設備点検ではビルの地下に存在する【ピット】を点検します。新規の消防設備点検時に図面などで事前確認ができない場合でも、火災受信機周辺にある警戒区域図で確認することができます。 地下ピットとはなにか? ピット【pit】を検索してみると穴とか窪みと出てくる、地下ピットは地下の穴、窪みのことで、防火対象物の地下にある空間のことです。実際点検に伺ったときオーナーさんから「こんなのあったんだ」と言われたり […]

  • 2019.04.15

民泊の施工をやってみた【東京消防庁】

インバウンド需要が高まるなか弊社では民泊案件を多数こなしてきました。民泊工事に関して言えば、ピーク時と比較すると一服感はありますが、まだまだ来日旅行者は増える見込みです。3,000万人を突破した2018、2020年では4000万人を目標に盛り上がっています。来日旅行者の満足度も非常に高くリピーターも増え、団体旅行者から個人旅行者へのシフトが進んでいることから今後も割安な簡易宿所の需要が見込めます。 […]

  • 2019.04.12

高所の煙感知器

いつも取引先していただいているIさんから連絡がありました。「改修工事やってて床を削ってたら配管があって線を切ってしまって・・・」後ろではベルがリンリン鳴なっているので状況はすぐ把握できたのですが、、、 ベルを止める ベルを止める前にどこのエリアで火災表示が出ているか確認して、火災でないことを確認する必要があります。今回は火災でないことが確認できたのでまずベルをとめてもらうのですが、今回の現場は防災 […]

1 4 5