• 2020.05.02

避難ハッチが腐食したので交換してみた【避難はしご】

※緊急事態宣言中ににつき過去に実施した内容にて投稿させていただいております。 避難ハッチを交換しました。サビてボロボロになると当然に使用することができません。腐食が進んでいる場合で避難はしごを使用すると、錆びているところに負荷がかかり耐えきれず、最悪抜けて転落事故になることが考えられます。適切なタイミングで改修工事が必要です。 現行品ではステンレス製のため長期による使用が可能でありますが、ステンレ […]

  • 2020.04.03

排煙手動起動スイッチを移設してみた【電気式】

排煙手動起動装置・電気式 排煙スイッチは『手動開放装置』といわれています。英語表記で『SMOKE EXHAUST BUTTON』と書かれて言います。この手動開放装置は電気式と手動式に分けることができます。電気式はボタンを押すことで自動的に排煙口が開きます。手動式は排煙オペレーターと排煙口にワイヤーが張られており、オペレーターを操作することにより排煙口が開く仕組みになっています。 電気式手動開放装置 […]

  • 2020.04.01

自動火災報知設備の設置基準

消防設備には設置基準により建物に設備が必要かどうか判断しています。設置基準には『面積によるもの』『収容人数によるもの』『指定可燃物等の数量によるもの』で決められています。今回は消防設備の中でも設置されていることが多い自動火災報知設備につい書いていきます。 自火報の設置基準 自火報こと自動火災報知設備には様々な条件応じての設置基準があります。ざっくりと箇条書きにすると、 強制的に設置が必要なもの 特 […]

  • 2020.01.16

非常放送カットリレー工事で気を付けること

カットリレーとは非常放送時に店舗内のBGMとかで重要な放送が聞こえにくくならないために設置するリレーのことを言います。言い方をかえるとテナント内の音響装置を強制的にカットしにいくリレーです。この仕組みは消防法に明記されている基準になりますので(騒音と区別して警報を聞き取れるようにするという意味)シッカリと施工することが必要になります。また消防検査でもちゃんと確認しますので仕組みを理解し確実な施工が […]

  • 2020.01.08

スプリンクラー圧力漏れの探し方

今回はスプリンクラーです。今まで圧力が正常だったけど点検、増設や部分改修工事などを行ったら原因不明の圧力漏れが発生することがあります。これがとても厄介で悩みの種であります。今回は圧力漏れの探し方と原因について書いていこうと思います。 スプリンクラー圧力漏れの原因 まずは原因から フート弁によるもの ポンプ立ちあがり配管の逆止弁によるもの 送水口直近の逆止弁によるもの 各階のアラーム弁によるもの ス […]

  • 2019.11.23

火災感知器未警戒を増設工事をしてみた

火災感知器は消防法令によりどこに何を何個設置する、というような基準が明確に決められています。自動火災報知設備がある物件で天井までの間仕切りがある場合は火災感知器の設置が必要になります。 未警戒とは 未警戒(みけいかい)は自動火災報知設備の火災感知器が本来必要であるにもかかわらず、設置されていない状態。火災の警戒が未の状態のことを言います。消防法令では未警戒という言葉がしばしば出てきます。火災感知器 […]

Pickup Blog
  • 2019.07.19

排煙口を移設してみた

機械式排煙を移設してみた 排煙設備は消防法と建築基準法では考え方が違います。消防法では消防隊が安全に消火活動をできるようにすることを目的とし、建築基準法では在館者が安全に避難することを目的としています。 排煙設備は機械によって強制的に吐き出すものと、窓を展開することにより自然に排出する自然排煙があります。機械式排煙は火災受信機に接続されているものと、ダイレクトに排煙制御盤とつながっているものがあり […]

  • 2019.05.31

既存の建物に自動火災報知設備を設置してみた

今回のミッションは鉄骨3階建ての既存建物に自動火災報知設備を新規に取り付けるという作業になります。 自動火災報知設備新設工事 点検口を作る 配線をする前に目立たない所に点検口を設置します。点検口は押入れ、クローゼットなど普段目に触れることがないところに設置します。 さあ、できました。配線を入れていきます。 天井内に配線を入れる 自動火災報知設備は無線式の製品も出てきましたが、機器の価格がまだまだ高 […]

  • 2020.05.28

防火扉が復旧しない!そんなとき

『防火扉が復旧しません。どうすればよいでしょうか?』お客様からご質問をいただきましたので書いてみたいと思います。防火扉は防火シャッターと同様に連動制御盤でコントロールしています。防火設備は専用の煙感知器が作動することにより自動的に閉鎖するシステムです。 防火設備の作動フロー 連動用の火災感知器が作動 制御盤に火災信号入力 各種防火設備へ作動信号を出力 防火設備『防火戸・シャッター・ダンパー』が作動 […]

  • 2020.05.26

フライヤーに簡易式フード内自動消火装置を設置してみた

飲食店舗に自動式簡易消火器を設置しました。揚げ物を調理するフライヤーという調理設備がありまして、フライヤーに油をたっぷり入れて180℃~200℃で美味しいフライが出来上がります。フライヤーには温度を調整するためのセンサーが備え付けられていて、異常な温度上昇が起こっても火災、事故を防止するために安全装置が作動する仕様になっています。 安全装置が故障し油温度が急激に上昇してしまったら発火する可能性があ […]

  • 2020.05.25

非常放送設備の2線式・3線式配線について

非常放送設備設備には『非常放送アンプ』から配線をして『スピーカー』『アッテネーター』に接続します。各箇所に配線を引くわけですが、配線方法として2本の線を使用する『2線式』、3本の線を使用する『3線式』があります。 非常放送設備は非常時の警報音響や避難誘導放送に使用されます。スピーカーが設置されている居室によってはボリュームをコントロールするためのアッテネーターが設置されていることがあります。 もし […]

  • 2020.05.23

消防設備を自主設置してみた【特定小規模自火報編】

消防設備は法令による『義務設置』と設置義務外の『自主設置』があります。自主設置は将来的にテナント入れ替え等で設置が必要になることが想定されたり、オーナーが安心安全を考慮して設置されます。 弊社のお客様は自主設置希望の方がなぜか多いのですが。お話を伺うと入居者に何かあったら心配という方がほとんどでした。ポジショントークではなく本当です。 ※弊社では不安をあおって仕事に結びつけようというよくある手法は […]

  • 2020.05.21

漏電火災警報器の設置基準

漏電火災警報器は『ラスモルタル』が使用されている建物で『用途』・『延べ面積』・『契約電流』の組み合わせで設置が必要かどうかが決まります。今ではラスモルタル構造の建物で作られている防火対象物が減ってきていますが、既存物件ではまだまだ現役バリバリの物件がたくさんあります。古民家や中古物件を手に入れたけど実は漏電火災警報機が必要ということがあるので注意が必要になります。 設置が必要になる条件 メタルラス […]

  • 2020.05.19

自然排煙の設置工事・オペレーター交換

排煙設備は建物内の煙を屋外に排出させるための設備で自然排煙と機械排煙があります。設置基準は建築基準法と消防法の2通りあり、どちらの基準にも適合させる必要があります。建築基準法では人々が安全に避難できるようにすること、消防法では安全な消火活動を可能にすることを目的としています。 参考記事:排煙設備の設置基準(消防法) 今回のミッションとアウトライン 既存のワイヤーを撤去 新規ワイヤーを引き換える オ […]

  • 2020.05.16

原状回復工事と消防設備の撤去・処置

テナントが退去するときに入居時の状態に戻すための工事を『原状回復工事』といいます。原状回復とは『元あった状態に戻す』という意味で消防設備についても行う必要があります。 自動火災報知設備、ガス漏れ、誘導灯、スプリンクラーなどは区画やレイアウトによって設置個数が変わってきます。原状回復工事の場合はこれらの消防設備について移設なり撤去工事が主になります。 主な返却の3パターン そのままの状態で返す 解体 […]

  • 2020.05.13

店舗内装・改装工事の消防届出や申請をしなかった場合

店舗の改装工事やテナント内装工事は火災予防上の観点から消防署へ工事の概要などについての計画、仕様などについて申請する必要があります。しかしながら申請届出をせずに施工・そのまま使用してしまうということが無いといえないのも事実であります。 もし申請をしないで施工してしまった場合どうなってしまうのかについて書いていこうと思います。 消防申請から施工まで たいていの改装工事の場合は 『事前相談』 → 『申 […]

  • 2020.05.11

誘導灯の設置がB級かC級か迷ったらとりあえず『床1,000㎡』と覚えると便利

設計の先生や電気工事業者、または知り合いの消防設備士さんから『誘導灯はB級かC級』どっちを設置すればいいんだっけ?と聞かれることがあります。ワタクシどものお客様は皆さん優しくて良い方ばかりなので『Bです』や『Cです』と毎度の挨拶のごとく回答させて頂いております。稀にいる意地悪な方には『消防署にいてください』と丁重にご回答させていただいているタイムランでございます(嘘)。 床面積『1,000㎡』Hi […]

  • 2020.05.08

居抜き店舗物件で必要な消防申請と消防設備の工事

居抜き物件きの消防各種申請 居抜き物件の最大の魅力は何といっても初期コストを圧倒的抑えられること。設置されていた設備や備品をそのまま使うことによりイニシャルがかかりません。間仕切りなどの部分的な工事がなければ消防設備を移設したり増設工事もする必要がないため、当然に消防設備の届出申請も不要になります。 何にもない状態から店舗を作っていくスケルトンはすべて自前でそろえる必要があるため居抜きと違って凝っ […]

1 12