Blog

1/4ページ
  • 2019.12.11

非常警報設備の設置基準

非常警報設備の種類 非常ベル 自動式サイレン 放送設備 非常警報設備は建物に何名収容可能かどうかで設置が決まります。非常警報は人数にで設備の設置が決まります。また非常放送設備はどの警報を設置するかどうかもまた 非常警報 【収容人数が少ない場合】 この非常警報は収容人数が20人または50人以上の比較的小規模の物件に使用します。自動火災報知設備の押し釦に似ていますが全く別物です。各階または隣接区画など […]

  • 2019.12.09

火災受信機と自動通報システム

消防設備点検をしているときお客様より火災報知機は消防署とつながっていますか?と聞かれることがあります。みなさま誤作動があった場合に消防車が来てしまうことを心配しているようです。実際のところ火災報知機が作動しても消防署とはつながっていない場合がおおく自動的に消防署が来るわけではありません。なぜつながっていない場合が多いのかはこれから書いていきます。 火災通報装置とは 『火災通用装置』は消防署へ自動的 […]

  • 2019.12.09

消防機関へ通報する火災報知設備の設置基準(火災通報装置)

消防機関へ通報する火災報知設備【火災通報装置】 設置基準 防火対象物【令別表第一】特定は赤 設置条件 ㎡以上 劇場等  集会場等  1イ1ロ 500㎡ キャバレー遊技場性風俗特殊営業カラオケ・個室ビデオ 2イ2ロ2ハ2ニ 500㎡ 料理店飲食店 3イ3ロ 1000㎡ 物品販売・百貨店 4 500㎡ 旅館・ホテル共同住宅など 5イ5ロ 500㎡1000㎡ ・避難介助が必要な病院 ※1・避難介助が必要 […]

  • 2019.12.06

乙6を取得しよう3 必要能力単位と単位面積

前回は地下、無窓階、3階以上の階である場合どのような基準で設置が必要になるかを記述しました。今回は消火器を何本設置する必要があるかについて書いていきたいと思います。必要本数は『必要能力単位』を求める必要があります。 必要能力単位と単位面積 計算手順 必要能力単位を調べる『どの用途でどのグループか?』① 床面積または延べ面積を調べる② 計算をする【必要能力単位=①面積÷②単位面積】 消火器の能力単位 […]

  • 2019.12.06

消防法上の無窓階定義

無窓階とは消防法施行規則に定める避難上又は消火活動活動上有効な開口部を有しない階をいいます。無窓階に該当する場合は通常階と比べ様々な規制がかかります。 無窓階の定義は11階以上と10階以下で違う 十一階以上の階にあつては直径五十センチメートル以上の円が内接することができる開口部の面積の合計が当該階の床面積の三十分の一を超える階(以下「普通階」という。)以外の階、十階以下の階にあつては直径一メートル […]

  • 2019.12.04

乙種6類を取得しよう2 地下・無窓階・3階以上

前回は消火器が必要になるかどうかの基準を3つに分けました。『絶対に必要』『延べ面積150㎡以上で必要』『延べ面積300㎡以上で必要』の3つです。この基準はビル全体で必要かどうか見るものなのでビル全体の延べ面積ということになります。今回はその基準と別のもう一つの基準につい書いていきたいと思います。 もう一つの設置基準 3つの設置基準 ビル全体の延べ面積からなる1つ目の基準と、入居階に適用する2つ目の […]

  • 2019.12.04

乙種6類を取得しよう1 3つのグループ分け

消防設備士の中で一番受験者数がおおい乙6。この資格は消防設備資格の登竜門となり比較的取得しやすい内容になっています。1日目は設置するための3つのグループ分けについ書いていきます。 乙6を取得しよう1 消火器を設置する上での3つのグループ 消火器は法令により設置基準が決められています。大きく3つのカテゴリーで分けられます。 絶対に設置が必要な用途  【グループ1】 面積150㎡以上で必要になる用途  […]

  • 2019.11.25

海外の消防設備【インドネシア編】

インドネアは日本から飛行機で南に7時間弱のところに位置しております。また近年ではインドネシアからの技能実習生も多く普段の生活の中でインドネシア人の姿を多く見るようになりました。日本と友好国として協力関係にあるインドネシアからレポートが届いたので紹介したいと思います。 インドネシアの消防設備 屋内消火栓 屋内消火栓です。この消火栓はどこに設置されていたものかは不明ですがなんと我が国が誇る『能美防災社 […]

  • 2019.11.25

海外の消防設備【スリランカ編】

スリランカはインドの南東部に位置するセイロン茶が有名な島国。首都は長くて有名な『スリジャヤワルダナプラコッテ』です。中学校の時にみんなで暗記した記憶が懐かしいです。現在のところ日本からの直行便ありません。スリランカからレポートが届いたので紹介してみたいと思います。 スリランカの消防設備 スリランカは約2,100万人ほどの島国で、高層ビルや大きな建造施設はコロンボ周辺の都市に限られ多くはないようです […]

  • 2019.11.22

危険!!こんな消火器に注意!

加圧式消火器による人身事故が過去たびたび発生しています。安全な消火器として蓄圧式の消火器が市場に流通するようになりました。今回は加圧式と蓄圧式の違いとなぜ腐食した消火器が危険なのかを書いてみたいと思います。 大変危険な腐食消火器 このように底部が腐食している消火器は大変危険です。今回発見した消火器は厨房の奥に設置されていたもので、長年奥の方に身を潜めていたため今回の捜索により発見いたしました。新規 […]

1 4