消防設備から直接119番通報されるのか問題?

消防設備から直接119番通報されるのか問題?

お客様から『消防設備が作動すると消防署に通報するのでしょうか?』という質問をいただくことがあります。実際に自動通報をする消防設備の火災通報装置『通称:火通 かつう』があります。この火災通報装置が設置されている防火対象は全体の総数からするととてもレアケースであるため、ほとんどの物件では自動的に消防車がやって来ることはありません。

今回は消防署への通報と消防設備の関係について書いていきます。

消防署と消防設備のつながり

通報する設備は火災通報装置のみ

火災通報装置画像
火災通報装置

消防設備で自動通報するものは『火災通報装置』のみです。この設備外観的にどのようなものかと言うと、

  • 専用の赤い電話がついている
  • その近くにクリーム色の制御盤があり『119火災通報』とかいてある

といった特徴があります。見ればすぐ分かると思うので、この赤電話と制御盤の火災通報装置が設置されていない場合は、消防署へ自動的に通報することはありません。

火災通報装置が自動通報するとき

  • 自動火災報知設備が作動し火災通報装置が連動して通報
  • 火災通報装置のボタンを押し手動で起動した

の2通りです。

関連記事:火災通報装置の練習・模擬試験をやってみた
関連記事:火災受信機と火災通報装置
関連記事:消防機関へ通報する火災報知設備の設置基準

火通がないのに消防車がやってくる場合

消防車画像

前述した以外に消防車がやってるケースがあります。そのパターンについて書いていくと

  • 自動火災報知設備のベル又は、非常放送を聞いて誰かが通報
  • 自動火災報知設備が作動して警備会社に信号が入り通報
  • 通りがかった消防関係者が伝達した

といったことが考えられます。警備会社との契約がある場合は自動火災報知設備と連動してコントロールセンターに信号は入ることになっています。信号が入ったらすぐ現場の近くに常駐している警備員がやってきます。もしくはその物件の管理室に連絡が入ります。連絡が取れなかった場合通報ということもあります。

警備会社制御盤画像
警備会社の制御盤

また近年では、警備会社が警備員を現場に送り込む前に119番通報するという『代理通報』試験を行っています。警備員が現場を確認せず事前に消防通報しても誤作動である可能性が考えられます。しかし、実際に火災であった場合、覆水盆に返らずということになってしまいます。

この辺の判断は非常に難しいところでありますが、最悪の事態を想定すると、通報するが吉になるのではないでしょうか。

火災報知設備が誤作動を起こさないために

古い火災受信機画像

では、自動火災報知設備が誤作動を起こさないためにはどうすればよいでしょうか。経年劣化以外の誤作動の原因は下記のとおりです。

  • 台風などの気象の変化
  • 機器類に接触してセンサーが働いた
  • 雨漏れ、水漏れ
  • ネズミによる配線の損傷
  • いたずらで押し釦をおした
  • その他、人的な結果

といった具合であります。台風、雨漏れ、水漏れ、ネズミに関してはメンテナンスや耐用年数のリニューアルで防ぐことが可能であります。これら以外のいたずら、その他の人的な結果は自然現象ではないのでそれほど多くはないでしょう。

関連記事:緊急事態!火災報知器の誤作動よくある原因
関連記事:台風と自火報の誤作動がおこる原因

【※人的な結果についてのたとえ話】
とある物件で天井内で自動火災報知設備の配線がありました。
自火報以外の業務でいろいろな業者さんが工事をしています。
作業中に誤って自火報配線にテンションを掛けてしまいました。
その結果天井の骨組みに引っ掛け配線がショートして自動火災報知設備が作動しました。

といったような場合です。皆様各々の工事業者様は経験を積んでいるためレアケースであると思います。しかし、原因としては十分にあることでしょう。居抜き物件工事ではありえる話なので十分注意が必要になります。

まとめ

  • 消防署へ通報する設備は火災通報装置のみ
  • 火災通報装置は自動火災報知設備と連動する
  • 火災通報装置の押し釦を押すと自動通報
  • 火通がない場合は誰かが通報した
  • 警備会社が連絡することがある
  • 誤作動は未然に防ぐことができる

Blogカテゴリの最新記事