台風と自火報の誤作動がおこる原因

台風と自火報の誤作動がおこる原因

台風が来ると自動火災報知設備が誤作動を起こすことがある。ベルが鳴った、サイレンが止まらない、感知器が作動してしまったなどなど。大抵は自動火災報知設備、放送設備、防火設備といった電気系設備に多いのです。

台風以外の誤作動について:火災報知器の誤作動よくある原因

ほとんどが雨の侵入によるショートが原因

消防設備はしばしば悪天候により誤作動が起こすことがありますが、ほとんどは雨が機器に入り込み機器内部の回路がショートすることが原因です。
ベル鳴った、放送設備が作動した、火災受信機でエラー表示が出たなどなど。

総合盤に水が浸入し腐食
総合盤内部が腐食していました

今回対応した物件では端子台が腐食していました。横殴りの雨で水が入りやすくなっているようです。

この総合盤に水がはいったら以下の現象がおこります。

・火災と断定しベルが鳴る
・火災受信機で電話信号を受信するエラーがでる
・火災受信機でヒューズが飛ぶ

といったことが起こります。

また、防火設備用の火災感知器に水がかかってしまったら防火シャッターが降りてしまったり防火扉が作動したりします。

古い差動式スポットが発報する

水漏れはないが火災発報してしまうことがあります。
その場合は熱感知器(差動式スポット)が原因の可能性が高いです。

差動式スポット型感知器は主に事務所、住居で用いられる熱感知器です。

この感知器の内部には空気室という風船のような空間があり、熱を加えると内部の空気室が膨張しスイッチが入る仕組みになっています。

台風が来ると気圧が下がります。そうなると空気室中の気圧が外部の気圧よりも高くなり作動してしまうのです。簡単に作動しないように空気室には圧力を逃がすための穴が設けられているのですが、古い感知器はその穴にゴミ、ホコリなどが詰まってしまっているため、内圧を外にうまく出せず作動しやすい状態になります。最近の感知器では台風による誤作動はほとんどないのですが、古い感知器が設置されている施設で注意が必要です。また、点検時に極端に早く作動する感知器は危険なので交換をお願いしています。

Blogカテゴリの最新記事