自動火災報知設備の撤去

自動火災報知設備の撤去

撤去する目的

ここでいう撤去とは、設置してる器具などを取り外すことを言います。私たち消防設備業では、改装工事や改修工事を行う際、工事中に火災報知機が作動しないように、あらかじめ感知器や対象の設備を取り外しておく必要があるのです。

撤去しなかったらどうなるか

撤去せずに解体工事を行うと、解体時に出るホコリやチリで煙感知器が作動します。

また、ベルやサイレンが鳴り、通行人が火災と勘違いしてしまいます。通報すれば消防車が出動する可能性があるのです。

自火報システム

『自動火災報知設備』は火災受信機という機械で制御されます。この受信機が、煙や熱を感知した時に信号を受け、各地区に設置されている非常ベルに信号を送り、ベルを鳴らします。

撤去するときの注意点

撤去する際の注意点としては、他に使用しているエリアの感知区域が機能停止にならないようにする必要があります。

なので事前に警戒区域図を確認し、同じフロアの隣接するテナントなどで、同じ警戒区域に設定されているか否かを確認します。

消防署届出について

自動火災報知設備を工事する場合、消防署に届出をする必要があります。しかし、この撤去作業自体には届出義務はありません。

※大きい施設や特殊な施設によっては必要な場合があります。

新たに設置工事を行う際は、管轄する消防署へ『概要表』『設計図面』『系統図』『承認図』、そして現場の地図を添付した『着工届』を提出します。着工届は工事の10日前までに提出する必要がありますが、規定個数未満の場合は、省略できる場合があります。

関連記事:原状回復工事と消防設備の撤去・処置

Blogカテゴリの最新記事