非常放送設備・非常リモコンを工事してみた!

非常放送設備・非常リモコンを工事してみた!

非常放送設備リモコンを設置することで『非常放送アンプ』を『遠隔操作』することが可能になります。緊急放送が必要なのにアンプの設置場所までたどり着くには時間がかかってしまうよ、というような場合に設置されています。

例えば『1階』にアンプが設置されているけれど、いつも人がいるのは上層階という時や、面積が広い物件でアンプ設置場所から離れているといった場合であります。

非常放送設備は緊急放送をするためのものなので、火災や地震が起こってから直ちに館内放送をすることで在館者を安心、安全に避難誘導することが必要になります。

非常放送リモコン

非常放送リモコン

今回設置するリモコンであります。リモコンはTOA社の製品です。基本的な盤面はメインアンプと同等なので操作も混乱することなく簡単に行うことができます。火災感知器が作動したときの『発報放送』はメインアンプと連動し自動音声によりオートマチックに行われます。簡単に言えばメインアンプと全く同じ動きをするということであります。メイン→リモコン間は耐熱電線で接続します。

配線工事

配線はメインアンプの端子盤間で行います。今回使用した配線は『HP1.2×10P』であります。配線表記のHPは【heat poof】の略で耐熱を意味します。次の『1.2×20P』は1.2mmの芯線が20本【10ペア】の10Pです。ワタクシたちは芯線経0.9mm・1.2mmの2種類を使用しています。配線距離の長さによって使い分けていますがよくわからない場合は1.2で施工すればOKです。少し高くなりますが。。。配線は予備線を含め少し多めに用意しておくと安心であります。

これらの配線をしかるべき端子に入れていきます。警報回路用の配線は本数が多くアレルギー反応を起こしてしまうという方もいらっしゃるそうです笑。電気職人さんでも『こんなに本数が多いと頭が混乱して駄目だわ』という方もいらっしゃいました笑。

本数は多いですがシッカリと色分けされているので順々にどの回路に使用するのを決めて一つ一つ収めていけばミスもなく気がついた頃には作業が完了しているということでしょう。

アンプ-リモコン間の端子接続

アンプ-リモコン間に配線がひけたら接続作業に入ります。接続は仕様書通り行えばOKです。基本的にアンプ本体側とリモコン側は同じ端子名が付けられているはずなのでマニュア通り施工していきます。

配線の本数が多いので1本1本しっかり確認しながら接続すれば問題ありません。配線の接続は電源OFFを落とし、予備電源バッテリーのコネクタを抜いておきます。

電源を落としただけの状態だと予備電源が作動し本体に電気が流れている状態になってるので、電源がOFFになっている状態を確認し作業にかかります。

接続はリモコンを側から行います。なぜかというとリモコン側の配線がショートしていた場合に非常放送アンプの基盤が損傷してしまうことがあるからです。なのでリモコンを結線が完了したらアンプの結線を行います。

さらに注意することは、何らかのドラブルで配線内部に電気が流れ本体基盤が壊れてしまうことです。基盤が壊れる前にヒューズが飛びますが、基盤までイッてしまうということも十分にありえます。基盤が壊れてしまうと放送設備が機能せず緊急設備としての機能を失ってしまうのでご注意くださいませ。

接続完了・試験

試験は本体側からの操作と、リモコン側からの操作を行います。どちらで操作しても同じように連動すれば問題ありません。非常放送ボタンを押せば非常放送ボタンが点灯し連動、業務放送ボタンを押せば同じ業務放送ボタンが点灯し連動します。まったく同じ動きをします。

非常起動を試験するときは『カットリレーOFF』モードにしておくことで、カットリレーが作動せず試験をすることができます。カットリレーとは非常放送時に店内放送などのBGMを強制的にカットする装置で、放送内容が周りの音響でかき消されないようにするためのリレーです。

参考記事:非常放送のカットリレー工事で注意すること

画像では警戒区域の記入がまだ完了していませんが、このような感じで設置完了しました。今回は同時に自動火災報知設備の副受信機も施工させていただいており、こちらは別記事にてご紹介させていただきます。

参考記事:自動火災報知設備の副受信機を設置工事してみた
参考記事:非常放送設備の紹介・アンプ実機による作動内容と使い方

まとめ

  • 非常放送設備を遠隔操作できるリモコンがある
  • アンプ本体・リモコン間は耐熱配線で接続
  • 配線の本数は予備線を含め少し多めにしておく
  • 端子接続前は電源・バッテリーOFF
  • 端子接続は同じ名称同士接続する
  • 配線に電気が流れるとヒューズが飛び基盤が故障することがある
  • 試験操作ではカットリレーOFFモードが便利

Blogカテゴリの最新記事