設置基準・用語

4/4ページ
  • 2019.12.09

消防機関へ通報する火災報知設備の設置基準【火災通報装置】

消防機関へ通報する火災報知設備【火災通報装置】 設置基準 防火対象物【令別表第一】特定は赤 設置条件 ㎡以上 劇場等  集会場等  1イ1ロ 500㎡ キャバレー遊技場性風俗特殊営業カラオケ・個室ビデオ 2イ2ロ2ハ2ニ 500㎡ 料理店飲食店 3イ3ロ 1000㎡ 物品販売・百貨店 4 500㎡ 旅館・ホテル共同住宅など 5イ5ロ 500㎡1000㎡ ・避難介助が必要な病院 ※1・避難介助が必要 […]

  • 2019.12.06

消防法上の無窓階定義

無窓階とは消防法施行規則に定める避難上又は消火活動活動上有効な開口部を有しない階をいいます。無窓階に該当する場合は通常階と比べ様々な規制がかかります。 無窓階の定義は11階以上と10階以下で違う 十一階以上の階にあつては直径五十センチメートル以上の円が内接することができる開口部の面積の合計が当該階の床面積の三十分の一を超える階(以下「普通階」という。)以外の階、十階以下の階にあつては直径一メートル […]

  • 2019.10.10

店舗出店・テナント改装で必要な消防手続き

店舗を出店、改装工事をする場合は消防法で決めらている基準通りに施工し、完了したら消防署による検査を受けることになります。中には『まあいいか、、、』と検査を受けずにオープンするという方もいらっしゃると思います。その場合、半年に1回あるビルの消防設備点検や1年に一度の防火対象物点検にて『設備がしっかり設置されているかどうか』『消防検査を受けているか』どうかが発覚するすることになってしまいます。生命を守 […]

  • 2019.07.18

エレベータ用の防火設備【竪穴区画】

建築物には防火区画と言って火災が起こっても簡単に燃え移らないように様々な方法が取られています。防火区画は防火のための区画です。 エレベーターで火災が起こってしまったら上階まであっという間に火が広がってしまします。そのために火が簡単に入らないような仕組みを撮っているのです。 画像の防火設備はレアで最近は見られなくなってきました。近年ではエレーベーターの扉自体が特定防火設備の役割をしているためごっつい […]

  • 2019.03.16

消防法施行令別表第1の覚え方・語呂合わせ歌【特定用途と非特定用途】

消防設備士の資格試験や消防設備業務を行う上で避けて通れないものが『消防法施行令別表第一』であります。令別表第1はザックリ言うと『用途別のグループ分け表』で各用途を一覧に記し項別にグループ分けされているものです。グループを更に『特定用途』・『非特定用途』に振り分けられています。 消防関連の業務を行うために、まずは『令別表第一』を押さえておくことで様々な理解がスムーズに行うことができることと思います。 […]

  • 2019.03.16

特定一階段防火対象物 

特定一階段防火対象物『とくていいちかいだんぼうかたいしょうぶつ』は消防設備業務を実施する際、大変よく出てくる言葉であります。この特一(とくいち)に該当すると消防法上の設置基準や防火管理体制についての取り扱いが厳しいものになります。また物件調査とかで通常の建物としていたのに、実は特定一階段防火対象物であったなんてこともあるので注意が必要です。 特定一階段等防火対象物の概要 別表第一(一)項から(四) […]

1 4