工事・改修

1/5ページ
  • 2020.06.19

火災報知器の誤作動よくある原因【非火災報】

自動火災報知設設備の感知器類はいろいろな原因で誤作動を起こすことがあります。朝・夜関係なくいきなりベルやサイレンが鳴り出しびっくりされていることと存じます。 緊急対応にて、取り急ぎ警報音響は止まったけれど、誤作動原因が特定できず放置されてしまったら、また発報し『振り出しにもどる』になってしまい入居者・在館者は不安になって困ってしまうことでしょう。 今回はワタクシ管理人の経験上、今まであった事象をベ […]

  • 2020.06.18

自動火災報知設備の副受信機を設置工事してみた

副受信機は自動火災報知設備が作動したときに『どこで火災表示が出ているか』の確認をすることができる表示機であります。火災受信機と違うところは、ベル・サイレン等の停止スイッチがなく、各種試験や火災復旧操作をすることはできません。副受信機自体の音響を停止するスイッチのみ設置されています。 現場が広く管理人室・事務室などが複数ある場合や、同一敷地内に数棟建物があり火災受信機を共有しているような物件では、火 […]

  • 2020.06.18

非常放送設備・非常リモコンを工事してみた!

非常放送設備リモコンを設置することで『非常放送アンプ』を『遠隔操作』することが可能になります。緊急放送が必要なのにアンプの設置場所までたどり着くには時間がかかってしまうよ、というような場合に設置されています。 例えば『1階』にアンプが設置されているけれど、いつも人がいるのは上層階という時や、面積が広い物件でアンプ設置場所から離れているといった場合であります。 非常放送設備は緊急放送をするためのもの […]

  • 2020.06.17

消防設備の着工届が省略できる軽微な工事

消防設備を工事する前に工事概要・設計計画を記した『着工届』を管轄消防署へ提出します。着工届は監督機関である消防署が、各種消防設備が法令通りの内容で設計されているかどうかの審査を行う資料のため、『工事に着手しようとする10日前』までに届出をしなければなりません。 消防設備の工事には『軽微な工事』というククリがあり、この内容に当てはまる場合は着工届を省略できるというありがたい緩和措置があります。着工届 […]

  • 2020.06.13

総合盤・消火栓箱に塗装・装飾をする

Q 総合盤、機器収容箱や消火栓ボックスに色を塗っても大丈夫でしょうか?元の色が内装に浮いてしまいます。少しでも溶け込むように設置したのですが、、、 というご質問をいただくことがあります。結論から言うと問題ありません。総合盤や消火栓箱には色の規定がなく塗装やダイノックシートを張ることで雰囲気がガラッと変わることでしょう。 注意点 表示灯・発信機はそのままの使用する 総合盤や消火栓ボックスに塗装しても […]

  • 2020.06.02

非常放送とアッテネーター

アッテネーターは減衰器のことで放送設備では音量の切り替えを行う装置のことをいいます。非常放送設備以外では無線機に使用されていたりします。大きい出力信号を適正値に絞る効果があります。『ATT』と略されていたりします。 放送設備にアッテネーターをつけることでボリュームコントロールが可能になります。ツマミを0に絞ればスピーカーから音が鳴らなくなります。【※非常放送時アッテネーター効果が解除されます。】 […]

  • 2020.05.30

漏電火災警報器を交換してみた

昨日の夜から漏電火災警報器が鳴ってしまっていますがどういったことが考えられますでしょうか?深夜に大きな警報音が鳴ってしまったので心配です。東京の住宅密集地なのでご近所様にも迷惑がかかり早く何とかしたいのですが、、、 というご連絡をいただきました。お話を伺ったところ 深夜にいきなり警報音が鳴りだした 漏電火災警報器は設置から35年以上経過している 漏電受信機は屋外に設置してあり防水ボックスに取り付け […]

  • 2020.05.26

フライヤーに簡易式フード内自動消火装置を設置してみた

飲食店舗に自動式簡易消火器を設置しました。揚げ物を調理するフライヤーという調理設備がありまして、フライヤーに油をたっぷり入れて180℃~200℃で美味しいフライが出来上がります。フライヤーには温度を調整するためのセンサーが備え付けられていて、異常な温度上昇が起こっても火災、事故を防止するために安全装置が作動する仕様になっています。 安全装置が故障し油温度が急激に上昇してしまったら発火する可能性があ […]

  • 2020.05.25

非常放送設備の2線式・3線式配線について

非常放送設備設備には『非常放送アンプ』から配線をして『スピーカー』『アッテネーター』に接続します。各箇所に配線を引くわけですが、配線方法として2本の線を使用する『2線式』、3本の線を使用する『3線式』があります。 非常放送設備は非常時の警報音響や避難誘導放送に使用されます。スピーカーが設置されている居室によってはボリュームをコントロールするためのアッテネーターが設置されていることがあります。 もし […]

  • 2020.05.23

消防設備を自主設置してみた【特定小規模自火報編】

消防設備は法令による『義務設置』と設置義務外の『自主設置』があります。自主設置は将来的にテナント入れ替え等で設置が必要になることが想定されたり、オーナーが安心安全を考慮して設置されます。 弊社のお客様は自主設置希望の方がなぜか多いのですが。お話を伺うと入居者に何かあったら心配という方がほとんどでした。ポジショントークではなく本当です。 ※弊社では不安をあおって仕事に結びつけようというよくある手法は […]

1 5