内装・改装工事の防炎規制とじゅうたん・カーテン・のれん等

内装・改装工事の防炎規制とじゅうたん・カーテン・のれん等

消防法では防炎規制というものがあり、特定の用途で使用する場合には防炎製品を使用しなければいけないという決まりになっています。じゅうたんやカーテン、のれんを防炎製品のものを設置する、または防炎製品でないがあとから防炎加工することによって防炎化することが求められます。

防炎製品は燃えにくいため火がついても燃え広がらず延焼防止に大変有効です。

防炎製品の設置が必要なもの

防炎物品の設置が必要とされる用途を『防炎対象物』といいます。防炎対象物は下記のとおりです。

  • 高層建築物【高さ31メートルを超える建物】(法8-3)
  • 地下街(法8-3)
  • 政令で指定されている用途の防火対象物
  • 工事中の建築物 (規則4-3)
  • プラットフォーム上屋 (規則4-3)
  • 貯蔵庫 (規則4-3)
  • 化学工業製品製造装置 (規則4-3)

ざーっと書いてしまいましたが、おそらくインターネットで検索して調べている方々は赤字で書いた政令で指定されている用途について検索していることでしょう(たぶん?)。高層建築物、地下街、貯蔵庫などは専門的な技術者の方が設計に絡んでしょうから、これについてはパスすることにし、政令で指定されている個別用途を書いていきます。

第八条の三 
高層建築物若しくは地下街又は劇場、キャバレー、旅館、病院その他の政令で定める防火対象物において使用する防炎対象物品(どん帳、カーテン、展示用合板その他これらに類する物品で政令で定めるものをいう。以下この条において同じ。)は、政令で定める基準以上の防炎性能を有するものでなければならない。
○2 防炎対象物品又はその材料で前項の防炎性能を有するもの(第四項において「防炎物品」という。)には、総務省令で定めるところにより、前項の防炎性能を有するものである旨の表示を付することができる。
○3 何人も、防炎対象物品又はその材料に、前項の規定により表示を付する場合及び産業標準化法(昭和二十四年法律第百八十五号)その他政令で定める法律の規定により防炎対象物品又はその材料の防炎性能に関する表示で総務省令で定めるもの(次項及び第五項において「指定表示」という。)を付する場合を除くほか、前項の表示又はこれと紛らわしい表示を付してはならない。
○4 防炎対象物品又はその材料は、第二項の表示又は指定表示が付されているものでなければ、防炎物品として販売し、又は販売のために陳列してはならない。
○5 第一項の防火対象物の関係者は、当該防火対象物において使用する防炎対象物品について、当該防炎対象物品若しくはその材料に同項の防炎性能を与えるための処理をさせ、又は第二項の表示若しくは指定表示が付されている生地その他の材料からカーテンその他の防炎対象物品を作製させたときは、総務省令で定めるところにより、その旨を明らかにしておかなければならない。

消防法第8条の三

第四条の三
第一項の総務省令で定めるものは、次の各号に掲げるもの以外のものとする。一 建築物(都市計画区域外のもつぱら住居の用に供するもの及びこれに附属するものを除く。)
二 プラットホームの上屋
三 貯蔵槽そう
四 化学工業製品製造装置
五 前二号に掲げるものに類する工作物

消防法施行規則第4条の三

政令で指定されている用途

1項イ

1項ロ

 劇場・映画館・演芸場

 公会堂・集会場

2項イ

2項ロ

2項ハ

2項ニ

 キャバレー・カフェー・ナイトクラブ

 遊技場・ダンスホール

 風俗営業店舗

 カラオケボックス・個室ビデオ

3項イ

3項ロ

 待合・料理店

 飲食店

4項  物品販売店舗
5項イ  旅館・ホテル
6項  病院・老人ホーム・デイサービス・幼稚園・福祉施設全般
9項イ  公衆浴場のうち蒸気浴場、熱気浴場に類するもの
12項ロ  映画スタジオ・テレビスタジオ
16項  複合用途で上記の用途が入居するもの
16の3  地下道と特定用途上記の用途が存在するもの(12項ロを除く)

これらの用途で使用する場合は防炎製品を使用しなければなりません。消防署の立入検査や防火対象物点検で『防炎製品』にしてくださいと言われる場合は表の用途に該当しているからであります。

また、事務所、美容室、整骨院などの用途では該当していないため『防炎物品』を使用しなくて問題ありません。※消防署の指導の場合は別です。

防炎対象物品

ホテルユニットバスのカーテン

ではどのようなものが『防炎製品』にしなくていはけないかというと、

  • じゅうたん(だん通を除く)
  • 毛せん(フェルトカーペット)
  • タフデッドカーペット、ニッテッドカーペット等
  • ござ
  • 人工芝
  • 合成樹脂床シート
  • 床敷物のうち毛皮製品敷物、毛製だん通など以外のもの
  • 展示用の合板
  • どん帳
  • 舞台膜
  • 工事用シート
  • 仕切り用布製アコーディオンカーテン
  • 室内装飾用の壁から下げられている布
  • 布製のれん、目隠し布 (下げ丈1m以上あるもの)
  • 映写用スクリーン
  • 展示会場で使用される合板、台、バックスクリーン
  • 店舗で使用される陳列棚としてでなく天井から下げられた状態、パネル等で使用される合板
  • 屋外の観覧席、通路などの部分に敷かれているじゅうたん
  • 人工芝
  • 試着室に使用される目隠し布
  • エレベーター床や壁で使用される敷物など(2㎡をこえるもの)

ずらっと書いてしまいましたがたくさんあります。
繁華街のお店や飲食店などの店舗では『絨毯』『カーテン』『ブラインド』『のれん』などで該当することと思います。また、ビジネスホテルで使用する風呂場の仕切りカーテンも防炎対象物品になっています。

防炎製品には防炎表示

カーペットにつけられた防炎表示

防炎製品にはこのような表示で確認することができます。絨毯やカーテンが防炎製品かどうか外観で判別することはよほどの防炎製品マニアでないかぎり困難です。なので誰でも確認できるように『防炎表示』をつけてあります。絨毯、カーペットにはプラスチック製の板がビスでとめられていることが多いです。カーテンは布製のタグが縫い付けてあります。カーテンはレースも防炎製品である必要があります。

防炎でない製品を防炎加工するという裏技

E なので裁断加工縫製業者ということがわかる

お店をオープンするにあたり専門業者などで購入せずに、自前でカーテンを揃えたけれど実は防炎ではなくてガックリしているかたもいらっしゃったりします。そういった場合でも防炎カーテンを再度購入することなく、既設のカーテンを防炎化してくれる業者さんがいらっしゃいます。実際頼んでみたお客さんに確認したところ防炎加工後防炎タグを付けて戻ってきたとのことでした。どちらがコストが掛かるか比較してみるのがいいのかと思います。

防炎製品を扱う場合は業者登録が必要になります。日本防炎協会のホームページを参照すると登録した業種ごとに分けられ登録番号が発行されています。業種ごとのカテゴリー分けは

  • 製造業者—A
  • 合板の製造、防炎処理業者—B
  • 防炎処理業者—C
  • 防炎処理業者(吹付け)—D
  • 裁断、加工、縫製業者—E
  • 輸入業者—F

画像のコードはEなので『裁断加工縫製業者』であることがわかりました。

まとめ

  • 防炎製品を使用しなければならない場合がある
  • 防炎対象物にはじゅうたん、カーテンをはじめいろいろある
  • 防炎表示がひつようになる
  • 防炎加工することができる

Blogカテゴリの最新記事