19/20ページ

19/20ページ
  • 2019.10.08

消防設備士試験と取得する順番について

私達消防設備業は消防設備関係の国家資格が必要になります。消防設備士や消防設備点検資格者がメインになってきます。資格は消防設備士の場合は8種類あり、後者は2種類あります。 消防設備は設備ごとに資格がが別れているのですべての整備を行う場合は全種類取得する必要があります。また点検資格者は講習を受け、講習後に行われる効果測定で基準点以上取ることができれば合格できます。 消防設備関連の資格を取得 消防設備士 […]

  • 2019.10.07

トラブルを楽しもう

消防設備をさわっていると様々なトラブルに見舞われます。原因不明な警報がでたり、正常なのにエラーを受信して消えなかったり。そんなことがたくさんあります。しかし、必ずそれらには原因があります。へこたれてしまうこともありますが諦めずに原因をつきとめましょう。上からものを言うようで大変恐縮いたしますが、自分と一緒に働いてくれる仲間、いまモガイている設備士様へのメッセージを書いていきます。 トラブルを楽しも […]

  • 2019.10.01

フリーランサー消防設備士という道

フリーランスという言葉が共通語として認識されるようになりました。消防設備業界もITの波が押し寄せてきており、新しいサービスによりフリー消防設備士の仕事が拡張されつつある世の中であります。サービス出現により受発注含め 恩恵を受けている方が多数いらっしゃるのではないでしょうか。 以前に比べ独立がしやすい世の中になり、啖呵きって『もうやめてやる!!』なんて言ってしまってもなんとかやって行けるかどうかは不 […]

  • 2019.09.30

秋モノが届きました

2019秋プルオーバーパーカー 弊社は季節ごとにユニフォームを作成しています。今回は初めてパーカーを作ってみました。 簡単な作業や点検業務を行う歳、お客様に作業着よりも受けが良かったりすることもあり調子に乗って作ってしまいました。 ネイビーと黒のラインナップ ネイビーと黒の2色を用意 弊社従業員限定で配っているため希少価値はあります。仕事をたくさんくれているお客様にも献上いたします。これから仕事を […]

  • 2019.09.30

火災受信機の警戒区域をまとめる

自動火災報知設備の点検を実施している時、あいていて未使用回線がたくさんある場合がある。本当は5回線あればたりるのに10回線のものを設置していたり、ひどいときなんて20回線のものであったりする。理由はよくわかりませんが・・ゆとりをもって設計することは必要かもしれませんが不要なものはなるべく加えたくないと言うのが我々の考えです。 警戒区域の設定 最小警戒数を割り出そう 弊社は大規模物件工事はやっていな […]

  • 2019.09.25

海外の消防設備レポート【アメリカ合衆国】

弊社にはインターン含め学生スタッフ、バックパッカーがおります。海外志向の高い勉強熱心な彼らから送ってもらった消防設備画像を紹介したいと思います。 主観による消防設備比較 消防、防災についての学位があるわけでも何でもないワタクシではありますが、大変恐縮ながら単なる感想を述べさせていただきます。 誘導灯 誘導灯避難口に設置されている避難設備です。火災時は煙が充満するため方向感覚が失われます。そこで誘導 […]

  • 2019.09.24

台風と自火報の誤作動がおこる原因

台風が来ると自動火災報知設備が誤作動を起こすことがある。ベルが鳴った、サイレンが止まらない、感知器が作動してしまったなどなど。大抵は自動火災報知設備、放送設備、防火設備といった電気系設備に多いのです。 台風以外の誤作動について:火災報知器の誤作動よくある原因 ほとんどが雨の侵入によるショートが原因 消防設備はしばしば悪天候により誤作動が起こすことがありますが、ほとんどは雨が機器に入り込み機器内部の […]

Pickup Blog
  • 2019.07.19

排煙口を移設してみた

機械式排煙を移設してみた 排煙設備は消防法と建築基準法では考え方が違います。消防法では消防隊が安全に消火活動をできるようにすることを目的とし、建築基準法では在館者が安全に避難することを目的としています。 排煙設備は機械によって強制的に吐き出すものと、窓を展開することにより自然に排出する自然排煙があります。機械式排煙は火災受信機に接続されているものと、ダイレクトに排煙制御盤とつながっているものがあり […]

  • 2019.07.19

郵送で提出!!消防設備点検

今まで自ら持ち込んでいた消防点検報告書を郵送にて提出できるようになりました メリットとデメリット メリット:時間効率が大幅にUP デメリット:窓口対応でないので簡単な訂正、修正が困難 不良がたくさんある場合は直接消防署に持ち込み、相談することを勧めていますが、不良箇所がそこまでない場合はメリットばかりであるよに思えます。 提出に必要な書類  様式関係 必要な書類の様式については、東京消防庁のホーム […]

  • 2019.07.18

エレベータ用の防火設備【竪穴区画】

建築物には防火区画と言って火災が起こっても簡単に燃え移らないように様々な方法が取られています。防火区画は防火のための区画です。 エレベーターで火災が起こってしまったら上階まであっという間に火が広がってしまします。そのために火が簡単に入らないような仕組みを撮っているのです。 画像の防火設備はレアで最近は見られなくなってきました。近年ではエレーベーターの扉自体が特定防火設備の役割をしているためごっつい […]

1 19 20