排煙口を移設してみた

排煙口を移設してみた

機械式排煙を移設してみた

排煙設備は消防法と建築基準法では考え方が違います。
消防法では消防隊が安全に消火活動をできるようにすることを目的とし、建築基準法では在館者が安全に避難することを目的としています。

排煙設備は機械によって強制的に吐き出すものと、窓を展開することにより自然に排出する自然排煙があります。機械式排煙は火災受信機に接続されているものと、ダイレクトに排煙制御盤とつながっているものがありますが大抵前者であることが多いのかと思います。

機械式排煙のしくみ

排煙口を開けるスイッチやレバーを引くと排煙口がパコっと開きます。そうすると排煙口本体に設置しているリレーが働き火災受信機に信号が行きます。次に火災受信機から排煙制御盤に排煙機を動かすために信号が行き排煙機が運転されます。

既存の排煙口から配線を外す

既存配線を撤去

既存の排煙口を開けるためにはまず火災受信機を停止させる必要があります。停止させないと前述のとおり排煙機が動いてしまします。火災受信機には排煙連動停止スイッチがありますので停止させておきます。また、排煙口を開けると同時に防火ダンパーが作動することがあるので防火ダンパーの連動停止スイッチも停止させます。次に念のため排煙機を制御している排煙制御盤のブレーカーを落としておきます。火災受信機で排煙連動が停止されていない場合はブレーカーを落としておけば排煙機は回りません。


排煙制御盤

耐熱配線とアウターワイヤー入れる

配線を外したら新規に設置する排煙口まで配線を引きます。
配線は耐熱配線を使用します。既存の配線を外し新規配線を接続する場合は必ず耐熱テープを巻く必要があります。この配線は排煙口が展開したときに火災受信機に信号を送るための線です。

配線引いたらアウターワイヤーを入れ込みます。このワイヤーは自電車のブレーキと同じ仕組みで、排煙口を開ける際、インナーワイヤを引張るためのガイドワイヤです。このアウターが急角度に設置している場合はインナーワイヤーにストレスがかかってしまうので緩やかな曲線を描くように設置します。

排煙オペレーターの設置

排煙オペレーターは黒いアウターワイヤーにインナーワイヤを入れていきます。緩やかな曲線でアウターが設置されていれば、インナーワイヤーは簡単に入っていきます。ワイヤーと配線を接続します。配線は耐熱テープを巻いておきます。黄色っぽいのが耐熱テープです。

完成!

おわりに

消防設備として設置する場合は設置届が必要になります。

Blogカテゴリの最新記事