防災合宿に向け準備

防災合宿に向け準備

弊社は毎年防災キャンプを開催しています。
災害時を想定したサバイバルをもっとライトにした訓練をおこなっています。
今年は参加者が増えることから新兵器を投入します。

とりあえず広げてみた

今回購入させていただきました製品はおしゃれキャンプメーカーで知られているロゴス社製のスペースデカゴン-AGという大型テントです。

初期不良は7日までに伝えないと返品ができないらしくご迷惑にならない程度に近所の公園で細々と組み立ててみました。組み立てた感想は、本当に簡単で考えて人は天才で間違いないです。無駄のない機構で設計されています。本当にありがたいです。
時間の都合上細かい所のレビュー写真は取りませんでしたが大型テントなのにものの数分で組み立てできました。あと製品は良好でした!

ロゴスのデカゴン
締切状態のデカゴン

ロゴスデカゴン
中に大人10日は余裕にはいれるかな?
箱だけでもこんなに大きい

総重量:(約)28.0kg
組立サイズ:(約)610×570×295cm
収納サイズ:(約)147×37×37cm
主素材:[フレーム]グラスファイバー
    [キャノピー]スチール
    [フライシート]難燃性ポリエステルオックスフォード      (耐水圧1600mm、UV-CUT加工)
    [メッシュ]ポリエステル

●組立て5分
●集会・イベントに最適な大型ドーム
●耐風性・換気性に優れたベンチレーション付き
●キャノピーポール付き

メーカーさんホームページより引用

災害時に使用できるスグレモノ

震災が起こった場合ほとんどの人が歩いて帰宅することになります。近い人や体力がある人はなんとか家路につくことができるでしょう。しかし震災時の道路は大変歩きにくく軽い道のりではありません。
帰宅困難者対策としてたくさんの企業さんがこのテントと備蓄品を備えたら妊婦さんや具合の悪い人が一時的に休憩するスペースにできて良いのではないかと思ったりしています。

そのうち使ってみたらレビューします

弊社は防災研修やイベントに使用しますが他にもいろんな使用方法がありそうですね。

Blogカテゴリの最新記事