2/14ページ

2/14ページ
  • 2020.07.05

乙種6類を取得しよう⑧⑨【火災の種類ABC・大型消火器】

前回は消火器の歩行距離・取付高さ、消火器の種類、適応性について書きました。今回は火災の種類『A火災・B火災・C火災』『大型消火器』について書いていきます。ABC火災は今まで何度か出てきました。大型消火器は定義と薬剤量の決まりがあるので、今回はこれらの詳細についてご説明していきたと思います。 乙6の学習リスト ①消火器が必要になる用途と面積②地下・無窓階・3階以上の基準③消火器を何本設置するか?『単 […]

  • 2020.07.04

乙種6類を取得しよう⑥⑦【消火器設置・歩行距離・種類・適応性】

前回は消火器の設置基準とは別の『付加設置』に関してご説明させていただきました。今回は消火器の設置方法『歩行距離・設置する高さ・消火器の種類・消火器の適応性』について書いていきたいと思います。 今までは消火器の有無について必要か不要か?また何本必要か??についての基準でした。今回は消火器が必要であるということが確定し、どんな消火器をどのように配置するかについての基準を書いていきます。 乙6の学習リス […]

  • 2020.07.04

乙種6類を取得しよう⑤【消火器の付加設置について】

前回は消火器が何本必要かどうか計算するための『単位面積』と『必要能力単位』について書きました。『3つのグループ』に分けて『耐火構造・難燃材料』かどうか?で単位面積を確定させ、該当する用途の面積で割ることで必要能力単位を割り出すことができました。 今回はそれとは別に『追加して設置することが必要な付加設置』について書いていきたいと思います。付加設置が必要な場所は、『少量危険物取扱所』『指定可燃物取扱所 […]

  • 2020.07.03

乙種6類を取得しよう③④【単位面積・能力単位】

前回は、どのような場合に消火器の設置が必要になるのについて書いていきました。振り返ってみますと、『必ず設置が必要な用途』『延べ面積150㎡以上で必要な用途』『延べ面積300㎡以上で必要な用途』を3つのグループに分けました。属するグループで面積に該当すれば設置が必要になり、該当しなければ不要になりました。 また、『無窓階』『地下』『3階以上』は上記の基準ではなく厳しい基準が適用されました。グループ1 […]

  • 2020.06.24

火災通報装置の練習・模擬試験をやってみた

火災通報装置【火通・かつう】の試験装置を使って、どのように火災通報装置が働き、消防署の間でやり取りがなされるのかをシミュレーションし訓練を実施しました。 自動火災報知設備による連動、または、火災通報ボタンの手動起動にて消防通報『119』を行います。通報がされると、あらかじめ録音しておいた音声情報『物件住所』『物件名称』で119番の通信指令室に伝えます。通信指令室は入手した情報をもとに消防車を現場に […]

  • 2020.06.19

緊急事態!火災報知器の誤作動よくある原因【非火災報】

自動火災報知設設備の感知器類はいろいろな原因で誤作動を起こすことがあります。朝・夜関係なくいきなりベルやサイレンが鳴り出しびっくりされていることと存じます。 緊急対応にて、取り急ぎ警報音響は止まったけれど、誤作動原因が特定できず放置されてしまったら、また発報し『振り出しにもどる』になってしまい入居者・在館者は不安になって困ってしまうことでしょう。 今回はワタクシ管理人の経験上、今まであった事象をベ […]

  • 2020.06.19

消防設備用語を略して通になろう!

消防用語には略称があります。消防署で消防官と消防設備につて打ち合わせをしていると、少し長めの単語を頻繁に使用するため、略された名称で呼ぶことが多くよりスムーズに会話をすることができます。 今回ご紹介する略語は今まで自分が聞いてきた『消防官の口』や『消防設備関係者』から発せられた単語をもとに書いております。もしかしたらオリジナルかもしれませんが意味は通じるはずなので、業界が浅い方でもドンドン使ってい […]

  • 2020.06.18

自動火災報知設備の副受信機を設置工事してみた

副受信機は自動火災報知設備が作動したときに『どこで火災表示が出ているか』の確認をすることができる表示機であります。火災受信機と違うところは、ベル・サイレン等の停止スイッチがなく、各種試験や火災復旧操作をすることはできません。副受信機自体の音響を停止するスイッチのみ設置されています。 現場が広く管理人室・事務室などが複数ある場合や、同一敷地内に数棟建物があり火災受信機を共有しているような物件では、火 […]

  • 2020.06.18

非常放送設備・非常リモコンを工事してみた!

非常放送設備リモコンを設置することで『非常放送アンプ』を『遠隔操作』することが可能になります。緊急放送が必要なのにアンプの設置場所までたどり着くには時間がかかってしまうよ、というような場合に設置されています。 例えば『1階』にアンプが設置されているけれど、いつも人がいるのは上層階という時や、面積が広い物件でアンプ設置場所から離れているといった場合であります。 非常放送設備は緊急放送をするためのもの […]

  • 2020.06.17

消防設備の着工届が省略できる軽微な工事

消防設備を工事する前に工事概要・設計計画を記した『着工届』を管轄消防署へ提出します。着工届は監督機関である消防署が、各種消防設備が法令通りの内容で設計されているかどうかの審査を行う資料のため、『工事に着手しようとする10日前』までに届出をしなければなりません。 消防設備の工事には『軽微な工事』というククリがあり、この内容に当てはまる場合は着工届を省略できるというありがたい緩和措置があります。着工届 […]

1 2 14