設置基準

  • 2019.12.28

長時間タイプの誘導灯が必要な施設

誘導灯は通常ものであれば何らかの理由でブレーカが落ち停電した場合20分以上点灯できるように設計されています。しかし大規模施設などでは20分の避難時間では足りず60分以上点灯が可能な容量が必要とされています。 2種類の誘導灯(20分型と60分型) 長時間点灯の誘導灯が必要とされる場所 長時間タイプの誘導灯が必要とされている場所は下記の通りです。また避難口誘導灯、通路誘導灯以外で『階段通路誘導灯』も6 […]

  • 2019.12.11

非常警報設備の設置基準

非常警報設備の種類 非常ベル 自動式サイレン 放送設備 非常警報設備は建物に何名収容可能かどうかで設置が決まります。非常警報は人数にで設備の設置が決まります。また非常放送設備はどの警報を設置するかどうかもまた 非常警報 【収容人数が少ない場合】 この非常警報は収容人数が20人または50人以上の比較的小規模の物件に使用します。自動火災報知設備の押し釦に似ていますが全く別物です。各階または隣接区画など […]

  • 2019.12.09

消防機関へ通報する火災報知設備の設置基準(火災通報装置)

消防機関へ通報する火災報知設備【火災通報装置】 設置基準 防火対象物【令別表第一】特定は赤 設置条件 ㎡以上 劇場等  集会場等  1イ1ロ 500㎡ キャバレー遊技場性風俗特殊営業カラオケ・個室ビデオ 2イ2ロ2ハ2ニ 500㎡ 料理店飲食店 3イ3ロ 1000㎡ 物品販売・百貨店 4 500㎡ 旅館・ホテル共同住宅など 5イ5ロ 500㎡1000㎡ ・避難介助が必要な病院 ※1・避難介助が必要 […]