乙6を取得しよう

2/2ページ
  • 2020.07.03

乙種6類を取得しよう③④【単位面積・能力単位】

前回は、どのような場合に消火器の設置が必要になるのについて書いていきました。振り返ってみますと、『必ず設置が必要な用途』『延べ面積150㎡以上で必要な用途』『延べ面積300㎡以上で必要な用途』を3つのグループに分けました。属するグループで面積に該当すれば設置が必要になり、該当しなければ不要になりました。 また、『無窓階』『地下』『3階以上』は上記の基準ではなく厳しい基準が適用されました。グループ1 […]

  • 2019.12.04

乙種6類を取得しよう①②【消火器が必要かどうか?】 

消防設備士乙種6類『おつろく』は、13種類ある消防設備士試験の中で一番受験者数が多く、登竜門的な立場であります。乙6は消火器に関する整備・点検を行うために必要になる資格であります。これから消防設備士になる方でもわかりやすく、少しでも受験者様のお役に立てればいいな、と思っていおります。 乙6を取得しよう1 学習していく順番と概要 ワタクシ管理人がはじめて取得した消防設備士が乙種6類でした。この業界に […]

  • 2019.10.08

消防設備士試験と取得する順番について

私達消防設備業は消防設備関係の国家資格が必要になります。消防設備士や消防設備点検資格者がメインになってきます。資格は消防設備士の場合は8種類あり、後者は2種類あります。 消防設備は設備ごとに資格がが別れているのですべての整備を行う場合は全種類取得する必要があります。また点検資格者は講習を受け、講習後に行われる効果測定で基準点以上取ることができれば合格できます。 消防設備関連の資格を取得 消防設備士 […]

  • 2019.03.16

消防法施行令別表第1の覚え方・語呂合わせ歌【特定用途と非特定用途】

消防設備士の資格試験や消防設備業務を行う上で避けて通れないものが『消防法施行令別表第一』であります。令別表第1はザックリ言うと『用途別のグループ分け表』で各用途を一覧に記し項別にグループ分けされているものです。グループを更に『特定用途』・『非特定用途』に振り分けられています。 消防関連の業務を行うために、まずは『令別表第一』を押さえておくことで様々な理解がスムーズに行うことができることと思います。 […]