サーバー室に適した純水ベースの消火器【粉末・二酸化炭素との比較】

サーバー室に適した純水ベースの消火器【粉末・二酸化炭素との比較】
純水ベースの消火器
純水ベースの消火器(左:初田製作所製 右:モリタ宮田工業製)

サーバー室に適した消火器はありますでしょうか??といったご質問がありましたのでここでご紹介したいと思います。現在PCを使わないで業務をされている事業者さんは非常に小数であることでしょう。サーバには非常に大切なデータが蓄積されています。そのデータを消火器で放射して復旧できない状態になってしまっては大変です。

今回ご紹介する消火器はそんなニーズに答える形で開発された純水を使用した強化液消火器です。この消火器は不純物のない水ベースに開発されたもので、電子機器類に使用しても機械を損傷や人体への影響を限りなく低く抑えてくれます。

なぜ電子機器類に使用できるかというと、純水は電気を通しません。水が電気を通すということは皆さんご承知のとおり事実でありますが、電気を通す水とは、水中に不純物が混じっている場合です。これらの消火器を使用することで、機器類にも優しく、使用後の清掃も非常に簡単に行うことができます。

消火器のスペック(画像左側のピュアウォーターによる)

消火薬剤 水・潤滑剤入り
能力単位 A-1
使用温度範囲 0℃~40℃
総質量 5.2kg
前 高 約491mm
全 幅 約255mm
奥 行 約142mm
容器幅 135mm
放射時間 約21秒
放射距離 4m~7m
薬剤容量 3L
標準価格 30,000円(税別)

各メーカーにより多少の寸法は違いますがスペック的には同等の仕様となっております。好みのデザイン・メーカーを選んでいただければよいかと思います。

能力単位のA-1というのは、A火災で能力単位1ということを示しています。A火災とは通常火災のことを言います。Bは油、Cは電気火災です。A-1の1は能力単位が1ということで、容器8リットル以上のバケツが3つ分を1としています。

純水ベース以外の消火器

粉末消火器

粉末消火器は万能な消火器でユーティリティプレイヤーであります。ただ一つだけデメリットがあります。それは使用後の清掃が大変であるということです。粉末を綺麗サッパリ除去することができれば問題ありませんが、その粉末が湿気を吸い込んで2次的な被害を引き起こす可能性があります。

二酸化炭素消火器

二酸化炭素消火器はガス系消火器のため清掃の必用はありません。ただ一つ、換気が悪い場所では非常に危険で人体に影響が出てしまう可能性があります。地下や換気が悪い場所では使用することができません。そのため二酸化炭素消火器を使用することはおすすめしておりません。

まとめ

  • サーバー室には純水ベースの消火器を使用することを推奨します
  • 粉末や二酸化炭素消火器は二次的な悪影響を起こす可能性がある

今回紹介した消火器

Blogカテゴリの最新記事