地下ピットの火災感知器

地下ピットの火災感知器

消防設備点検ではビルの地下に存在する【ピット】を点検します。新規の消防設備点検時に図面などで事前確認ができない場合でも、火災受信機周辺にある警戒区域図で確認することができます。

地下ピットとはなにか?

ピット【pit】を検索してみると穴とか窪みと出てくる、地下ピットは地下の穴、窪みのことで、防火対象物の地下にある空間のことです。
実際点検に伺ったときオーナーさんから「こんなのあったんだ」と言われたりすることもあり、一般的にはあまり地下ピットの存在を知っている人は少ないのかな?と思ったりもします。
少し前に豊なんとか市場で問題になった地下の空間のおかげで多少世間に知れたのではないでしょうか。。。

今回の点検施設に地下にピットがあるので入ってみたいと思います。蓋は重量があるので腰を痛めないよう慎重にやる必要があります。大抵は取っ手がありますが、普段あけたりしないのでほこりやごみが詰まってあきにくくなったりしています。

蓋をあけてみると・・・

蓋を調べてみるとなんと!!秘密の階段が出てきました。
若い世代は知らないと思いますが、管理人が小学生の頃、RPGゲームのドラゴンクエストⅢでラスボスのゾーマを倒しに行きたいのに全然先に進めず、ダンジョン1階の王様の椅子の後ろを調べたら秘密の階段が出てきたのと同じですかね。階段を見つけるまでは何度もやられ結局一番近いリムルダールの町へ退散したことが懐かしいいです。
脱線してしまいましたが、はしごの上段の方に照明のスイッチがあったりします。電気をつけないと真っ暗なのでホラーが苦手な人は入れないでしょうね。。。

地下はピットは煙ではなく熱感知器【防水型】を設置する?

地下ピット内は湿気が多いので防水型の火災感知器を設置します。火災感知器は場所に適応して設置することが求めらえるので、地下だから煙感知器じゃダメなんてことはなく定温式スポット型感知器の防水型を設置します。
湿気が多いと防水型の熱感知器でも腐食してしまったりするので定期的な交換が必要になることもあります。

さあ、試験をしてみよう!

設置されているのは75℃に達した時点で作動する定温式スポット型1種防水。能美防災社の製品になります。定温式は一定の温度に到達した時点でスイッチが入る仕組みになってます。なので、75℃まで加熱してみます。

作動試験が終わり地上に戻ろうとしたら【フィクション】

加熱試験も終わり戻ろうとした矢先、ゴゴゴ、、突然蓋が閉まるり始める。。

なぜ閉まったのかは不明ですが故意だとしたら非人道的でありますね。
でも、ブログ管理人より体を鍛えることが義務付けられているスタッフ様たちは余裕で自力脱出ができることでしょう。

まとめ

中にモンスターはいませんでした

Blogカテゴリの最新記事