防火ダンパーの仕組み【温度ヒューズ式】

防火ダンパーの仕組み【温度ヒューズ式】

防火区画は区画外に火や煙が行かないようにするための区画であります。区画内はコンクリートであったりヘーベルであったりまたは認定工法で作られて石膏ボード壁だったりします。空調ダクトは防火区画が形成されている場合でも共有物であったりするため区画外を行ったり来たりします。そのためダクトにも防火区画処理を施す必要があり防火ダンパーを設けることになっています。

隣接している開口部をシャットする

防火ダンパー閉止
閉鎖している状態

防火区画をまたぐ場合は防火ダンパーを設置します。この防火ダンパーは温度ヒューズ式で一般的には【FDファイヤーダンパー】と言われています。この装置は主に空調設備会社様が施工することが保とんであると思われます。私達消防設備業者がダンパーのを施工する場合は【SFD煙感知器連動ダンパ】やガス消火設備を放射と連動し防火区画を形成するための【PD消化ガス連動ダンパ】がほとんどかと思います。

ダンパの仕組み

防火ダンパー開口
セットしされている状態

通常はこのようにルーバーが開いています。今はダクトはつながっていませんがここには厨房の排気であったり換気扇であったり区画内の空気を外に出すための設備が接続されています。

もしも厨房で火災が起こりダクト内部に火が燃え移ってしまった場合は隣接にダクトを通じで燃え移ることが考えられます。そのために防火ダンパーで確実に火がそとに出ていかないようにガッチリとガードします。

温度ヒューズ
温度ヒューズで火を感知する

ダンパー付近に設置されている温度ヒューズが火による熱を感知した場合感熱部が溶けストッパーが外れる仕組みになっています。そうなるとルーバーを開けているレバーのストッパーが外れ自動的に【バタン】と閉鎖状態になります。至ってシンプルな構造になっています。

ダンパーストッパー

温度ヒューズの設定につて

温度ヒューズには設定温度というものがあります。通常の排気ダクトに設置する温度ヒューズは【72℃】が設置されます。また、厨房などの火気設備がある場合で使用し、排気温度が72℃を超える場合は【120℃】を設置します。場所によっては誤作動が起こってしまうこともあると思われます。その場合は誤作動しない範囲で可能な限り低い温度を選択するということになっています。

話がそれますが火災感知器を厨房や火気設備付近に設置する場合は70℃で作動するものを選択します。それでも誤作動が起こってしまう場合は消防署と相談して100℃で作動する低温式スポット型感知器を設置することもあります。

温度まとめ

  • 一般的な排気ダクト  72℃
  • 厨房設備などの火気使用室  120℃

Blogカテゴリの最新記事