スプリンクラー工事とバキューム

スプリンクラー工事とバキューム
バキュームポンプ
右側にあるバキュームポンプ

スプリンクラー工事をする場合は、配管内部の消火用水を外部に排出してから施工します。排出操作は、スプリンクラーの制御弁である『アラーム弁』にておこないます。

アラーム弁のメインバルブを締め、ドレンバルブを開放することで配管内部の水を外部へ出していきます。水が抜けきったら工事をすることができます。

SPヘッドは配管の下部に位置する

スプリンクラーヘッド
スプリンクラーヘッドは低い位置にある

ただ、このまま施工をすると水をかぶることになります。スプリンクラーヘッドが付いている場所は大抵配管より低い場所にあるため水が残っているためです。

そのような場合には、バキュームポンプにて配管内部の水を吸い出します。作業員同士の会話では、バキュームをかけると言ったりします。この状態でスプリンクラーヘッドを取り外しても水は落ちてきません。

バキュームポンプの価格

バキュームポンプ
バキュームポンプ

バキュームポンプは40万円しないくらいで購入可能です。施工者以外がこの装置を購入することはないでしょう。非常に良い値ですが、この装置のおかげでずぶ濡れにならずに施工することができます。

Blogカテゴリの最新記事