消防法施工令別表1の覚え方 【特定用途と非特定用途】

消防法施工令別表1の覚え方 【特定用途と非特定用途】

消防設備は面積と用途の関係により設置する設備が決まります。面積の基準は設備によりまちまちですが、用途は大きく2つに分類し考えていきます。

特定用途と非特定用途

特定用途とは、不特定多数の人々が利用し出入りが比較的自由な建物を指します。例えば映画館、飲食店、物販店舗、ホテル、病院などは様々な人々が自由に利用できます。

対して非特定用途はある程度利用する人が決まっていて火災の危険がが比較的少ないものを指します。共同住宅、学校、図書館、工場、スタジオ、美容室、整体院、事務所など。

図書館、駅【乗降または待合のみ】は不特定多数の人が利用する施設ですが、非特定用途になります。また、病院は特定用途になりますが、整体院は非特定とされています。また不動産売買、賃貸店舗も事務所扱いになっています。

オレンジの部分が特定用途、白い部分が非特定用途になります。

特定用途防火対象物

1項 大人数を収容

1項イ 劇場  国立劇場、劇団なんとか劇場がこれにあたります
1項ロ 集会場  なんとかホールとか、集会するところ

2項 遊戯施設、娯楽施設

2項イ  キャバクラ、ホストクラブ
2項ロ  遊戯場、パチスロ店
2項ハ  風俗店舗
2項ニ  個室遊戯 カラオケ店舗、個室ビデオ鑑賞

3項 飲食系

3項イ 料理店  料亭とか割烹
3項ロ 飲食店  一般的な飲食店

4項 物品店舗

4項  物品販売店  デパート、洋服店、お菓子屋さん

5項 宿泊施設

5項イ ホテル、旅館、簡易宿所、民泊 【5項ロは共同住宅で非特定用途】

6項 医療、福祉施設

6項イ

9項 浴場

9項イ 蒸気浴場  サウナ

16項 複合用と

16項イ これまで出てきた特定用途の複合体【雑居ビル】
【非特定用途の複合は16項ロになり非特定用途になる】

非特定用途

5項ロ  共同住宅
7項   学校
8項   図書館
9項ロ  サウナでない浴場
10項   車両停車場【10台】、駅、客船ターミナル、空港
11項   神社
12項   工場、スタジオ
13項   車庫、格納庫
14項   倉庫
15項   これまで出てきていない事業所 【事務所、美容室】
16項ロ  非特定用途の複合施設【違う会社が入る事務所ビルなど】
16項2  地下街
16項3  準地下街
17項   文化財
18項   アーケード

まとめ

消防設備を理解するためにはまずこの用途の分類を理解することが必須です。試験や設計をしていく場合でもまず令別表第一を覚え設備ごとの設置基準を理解するといいと思います。

Blogカテゴリの最新記事