乙6を取得しよう3 必要能力単位と単位面積

乙6を取得しよう3 必要能力単位と単位面積

前回は地下、無窓階、3階以上の階である場合どのような基準で設置が必要になるかを記述しました。今回は消火器を何本設置する必要があるかについて書いていきたいと思います。必要本数は『必要能力単位』を求める必要があります。

必要能力単位と単位面積

計算手順

  1. 必要能力単位を調べる『どの用途でどのグループか?』①
  2. 床面積または延べ面積を調べる②
  3. 計算をする【必要能力単位=①面積÷②単位面積】
  4. 消火器の能力単位を調べる 

必要能力単位=延床面積または床面積÷『単位面積』

で計算します。必要能力単位を求めるためには単位面積がわからなくてはなりません。単位面積は建物や、入居しているテナントの用途で決められています。言葉が難しくて何なのかよくわからないと思いますので表にしてみたいと思います。

必要能力単位のグループ①

グループ

用  途 単位面積

グループ1

  • 劇場 【映画館 演舞場 演劇場】 1項イ
  • キャバレー、遊技場、性風俗、カラオケ 2項全て
  • 老人福祉施設 ※デイサービスを除く 6項イ・ロ
  • 地下街 16項の2 16項の3
  • 文化財 17項

耐火構造
100㎡

耐火以外
50㎡

グループ1
語呂合わせ

キャバ嬢(2項)地下街歌舞伎(文化財)劇場で同伴

グループ2
  • 集会場
  • 料理店・飲食店
  • 百貨店
  • 旅館・ホテル
  • 共同住宅
  • 病院
  • デイサービス
  • 特別支援学校
  • 蒸気風呂
  • 一般浴場
  • 工場
  • スタジオ
  • 車庫
  • 格納庫
  • 倉庫

耐火構造
200㎡

耐火以外
100㎡

グループ3
  • 学校
  • 図書館
  • 車両停車場
  • 神社
  • 事務所・美容室・エステ・整骨院など 15項

耐火構造
400㎡

耐火以外
200㎡

グループ3語呂合わせ

学校図書館車両安全のお守りを拾い事務所へ届けた

耐火構造とは

ざっくり説明すると、耐火構造は鉄筋コンクリート造の建物や、鉄骨造で鉄骨に耐火処理をしている物件などを言います。耐火構造以外は鉄骨造、木造などで耐火構造でない物件を言います。単位面積は耐火と耐火以外で変わってきます。

計算例

『延べ面積 1,000㎡の耐火構造の劇場』
面積1,000÷単位面積100=能力単位10

『延べ面積 6,000㎡の耐火構造百貨店』
面積1,000÷単位面積100=能力単位30

『延べ面積 15,000の木造の学校』
面積1,000÷単位面積100=能力単位75

必要能力単位が出たら消火器の能力単位を調べる

 

消火器には能力単位表記がある

消火器には必ず能力単位が決められています。A・B・CとあるのはAは『普通火災』、Bは『油火災』、Cは『電気火災』を指します。今回の写真の消火器は薬剤量3kgの粉末消火器です。

A-3 『普通火災の能力が3』
B-7 『油火災の能力が7』 を先程の計算に当てはめると・・・

『延べ面積 1,000㎡の耐火構造の劇場』
面積1,000÷単位面積100=能力単位10  
 【普通火災能力が10なのでこの消火器が4本】

『延べ面積 6,000㎡の耐火構造百貨店』
面積1,000÷単位面積100=能力単位30
 【普通火災能力が30なのでこの消火器が10本】

『延べ面積 15,000の木造の学校』
面積1,000÷単位面積100=能力単位75 
 【普通火災能力が75なのでこの消火器が25本】

という結果になります。3つのグループ分けがすこしややこしいですが語呂合わせで強引に覚えてしまえば簡単かと思います。

前回までのおさらいと次回予告

1日目:3つのグループ分けと面積基準『全てに必要・150㎡以上・300㎡以上

2日目:もう一つの基準 地下・無窓階・3階以上

今回:必要能力単位と単位面積

次回予告:危険物製造所の所要単位

次回は危険物を扱う施設などの基準について書いてみます

 

Blogカテゴリの最新記事