消防設備士をとろう

  • 2019.12.06

乙6を取得しよう3 必要能力単位と単位面積

前回は地下、無窓階、3階以上の階である場合どのような基準で設置が必要になるかを記述しました。今回は消火器を何本設置する必要があるかについて書いていきたいと思います。必要本数は『必要能力単位』を求める必要があります。 必要能力単位と単位面積 計算手順 必要能力単位を調べる『どの用途でどのグループか?』① 床面積または延べ面積を調べる② 計算をする【必要能力単位=①面積÷②単位面積】 消火器の能力単位 […]

  • 2019.12.04

乙種6類を取得しよう2 地下・無窓階・3階以上

前回は消火器が必要になるかどうかの基準を3つに分けました。『絶対に必要』『延べ面積150㎡以上で必要』『延べ面積300㎡以上で必要』の3つです。この基準はビル全体で必要かどうか見るものなのでビル全体の延べ面積ということになります。今回はその基準と別のもう一つの基準につい書いていきたいと思います。 もう一つの設置基準 3つの設置基準 ビル全体の延べ面積からなる1つ目の基準と、入居階に適用する2つ目の […]

  • 2019.12.04

乙種6類を取得しよう1 3つのグループ分け

消防設備士の中で一番受験者数がおおい乙6。この資格は消防設備資格の登竜門となり比較的取得しやすい内容になっています。1日目は設置するための3つのグループ分けについ書いていきます。 乙6を取得しよう1 消火器を設置する上での3つのグループ 消火器は法令により設置基準が決められています。大きく3つのカテゴリーで分けられます。 絶対に設置が必要な用途  【グループ1】 面積150㎡以上で必要になる用途  […]

  • 2019.10.08

消防設備士を取得しよう

私達消防設備業は消防設備関係の国家資格が必要になります。消防設備士や消防設備点検資格者がメインになってきます。資格は消防設備士の場合は8種類あり、後者は2種類あります。 消防設備は設備ごとに資格がが別れているのですべての整備を行う場合は全種類取得する必要があります。また点検資格者は講習を受け、講習後に行われる効果測定で基準点以上取ることができれば合格できます。 消防設備関連の資格を取得 消防設備士 […]